内容紹介 - 雑誌&コミックス

銀牙伝説ウィード外伝

銀牙伝説ウィード外伝


高橋よしひろ 著

コミックスコミックス
判型B6判
ISBN978-4-537-10015-0 C9979
2001年08月発売
定価535円(税込)

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。まとめて購入する場合は、ブックサービスとなります。

[ミニ書評]
描き下ろしの巻頭カラー作品から十数年前の読切作品まで、高橋よしひろ氏の軌跡とも言うべき5本の短編集が収録されたファン必読の一冊である。
表題作“ウィード外伝”「夢見る戦士たち」は、本編主人公ウィードと仲間たちの束の間の休息が描かれた、カラーが嬉しい描き下ろし作品。著者特有のナレーションが4ページの作品世界を実に劇的に盛り上げている。
本編ではあまり描かれていない母・桜との親子の絆に焦点を当てているのも、ファンにはたまらない。
また“ウィード外伝”「メルの旅立ち」は、ウィードの親友・メルのサイドストーリー。旅先で出会った犬たちとの痛快活劇であり、本編では見られない悪“人”との緊迫の戦いは外伝ならではの面白さだ。
他3編は「銀牙」連載終了から「ウィード」連載開始までの間に描かれた作品。二匹の犬の友情を描いた「ロンリーロン」、少年と子犬の心の交流を描いた「シオンの疾風」、ファンには有名な著者の愛犬の最後の物語「HANAKO」と、いずれも感動の秀作揃いだ。
活躍の場を少年誌から青年誌へと移した著者だが、犬を通して描かれたテーマは決して変わってはいない。昔も今も高橋ワールドの根底にあるのは正義、勇気、友情だ。そして本書を」読むと氏が放つテーマが、時に爽快に、時に切なく心に染みる。高橋ファン必読の短編集であると同時に、著者入門編と言ってもよい程、氏の魅力が詰まったこの一冊、是非とも読んで戴きたい。
(ドーベル政)