内容紹介 - 書籍

子どもが結婚を決めたら親が読む本

子どもが結婚を決めたら親が読む本

親だからできること 伝えたいこと

清水 勝美 監修

実用書スピーチ・冠婚葬祭・マナー冠婚葬祭・マナー
176ページ
判型A5判
ISBN978-4-537-20947-1
2011年11月発売
定価1,296円(税込)

にちぶんBOOKSHOP

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。まとめて購入する場合は、楽天ブックスとなります。

婚約から挙式、新生活まで、子どもが結婚する際に親が担う役割を、わかりやすくレクチャーしています。
誰もが悩むところの金銭面、相手家族や親戚とのつきあいの問題も丁寧に解説。
大充実のお悩み相談コーナーでは、実際に子どもが結婚した人のリアルな意見を反映し、子どもの結婚にまつわる様々な問題をやさしくフォローしています。
この一冊があれば、どんな場面でも戸惑うことなく、失敗することなく、親らしい堂々とした心構えで、子どもたちを新しい人生のステージに送り出すことができるはずです。

担当者コメント

子どもの幸せのために――親が知っておきたいことがすべてわかります!

【1】お悩み相談コーナーで生の声が聞ける!
子どもが結婚するとなると、婚約から挙式、新居を構えるまで様々な問題が発生します。お悩み相談コーナーでは、実際に子どもが結婚する方のリアルな意見を紹介。「こんな悩み、あるある」と楽しく読みながら、親のとるべきスタンスや対処をつかむことができます。

【2】今時の結婚事情がわかる!
最近は親の世代も古い形にとらわれず、新しい結婚の形を積極的に取り入れるようになってきました。本書では誰に対しても失礼にならない、伝統的・正統的マナーにのっとりながらも、今時の事情に添った儀式や人づきあいのスタイルを紹介。現代の風潮に柔軟に応える一冊となっています。

【3】お金や人づきあいの問題も即解決!
必要になってくるお金や人づきあい…繊細な問題ですから、悩む人も多いはず。本書は挙式や子どもの新居選びなど、様々なシチュエーションごとに「おさいふポイント」「おつきあいポイント」で金銭問題や相手家族、親族とのつきあい方を解説しています。「人にも聞きづらいし、どうしたらいいかわからない」と悩むこともありません。

著者紹介

冠婚葬祭コンサルタント、フォーマルスペシャリスト、儀礼文化学会会員。1958年株式会社伊勢丹に入社、冠婚葬祭についての相談に答える「儀式110番」を開設。2004年フリーとなり、テレビ・新聞・雑誌を中心に執筆・講演を行う。