内容紹介 - 書籍

大和ことばで書く 短い手紙・はがき・一筆箋

大和ことばで書く 短い手紙・はがき・一筆箋


井上 明美 著

実用書手紙
160ページ
判型四六判
ISBN978-4-537-21322-5
2015年10月発売
定価1,080円(税込)

にちぶんBOOKSHOP

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。まとめて購入する場合は、楽天ブックスとなります。

日本の文化や細やかな感性が伝わるとして注目された大和ことば(=和語)。日常会話ではなかなか使いこなしにくい表現を、手紙文に取り入れることで、相手に心を伝えましょう。季節のあいさつ、お礼やお祝い、お悔やみの手紙など。実例や言い換え例などを豊富に紹介しています。

担当者コメント

大和ことばを知って「素敵だなぁ」と思っても、実際にはなかなかつかえないもの。表現が雅やかすぎて、現代日本の日常生活では少し浮いてしまいます。
でも、手紙なら大丈夫! 長い文章はいりません。短くてもキラリと光ることばで、書き手の個性や思いやりが相手に伝わるはず。大和ことばを自分のものにできるチャンスです。ぜひ、あの人へのごあいさつに、おつかいください。

著者紹介

ビジネスマナー・敬語講師。国語学者、故金田一春彦氏の元秘書。言葉の使い方や敬語の講師として、企業、学校などの教育研修の場で講義・指導を行う。

著者コメント

本書では、手紙の文面や話し言葉でもよく使われる語について、「大和ことば」を中心に、慣用句や漢語調の表現も含めて、忘れたくない言い回しを多数集めてみました。日常やビジネスなどさまざまな場面で、ときには「漢語」を「大和ことば」に変えてみましょう。長い歴史をもつ、美しく親しみ深い「大和ことば」をうまく使いこなすことは、語彙が豊かになるだけでなく、より相手や状況にふさわしい、心配りを感じる言葉になるものです。(「はじめに」より)