内容紹介 - 書籍

脊柱管狭窄症 痛みが消える新メソッド・骨盤AC法

脊柱管狭窄症 痛みが消える新メソッド・骨盤AC法

自力で治せる最短の方法

武田 淳也 著

実用書健康・医学からだと病気
128ページ
判型A5判
ISBN978-4-537-21488-8
2017年06月発売
定価1,296円(税込)

にちぶんBOOKSHOP

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。まとめて購入する場合は、楽天ブックスとなります。

腰の痛み、歩行障害などが症状として出る脊柱管狭窄症。この症状を改善する運動療法として注目されている「骨盤AC(アクティブ・コントロール)法」を紹介、わかりやすく解説する。症状に悩む人は例外なく、日常の骨盤の動かし方に問題がある。この療法は骨盤を正しく動かし、症状が出ないように骨盤の角度を調整するもの。本書では、骨盤を正しく動かす運動(エクササイズ)をカラー写真とイラストでくわしく紹介。つらい症状を克服する方法のひとつとして、ぜひ試したい方法である。

著者紹介

整形外科医。スポーツドクター。福岡大学医学部卒。医療法人明和会スポーツ・栄養クリニック理事長、日本ピラティス研究会会長、日本経済大学客員教授。著書に『痛めない・疲れない・楽になる!「身体の使い方」の新常識カラダ取説エクササイズDVDで実践!』(徳間書店)、『100歳までボケずに歩ける「脳トレ」ボール体操』(共著、マキノ出版)などがある。