内容紹介 - 書籍

ワタナベマキのおいしい仕組み

ワタナベマキのおいしい仕組み

少ない材料・シンプル調理でも絶品になる味つけのルール

ワタナベ マキ 著

実用書料理料理
112ページ
判型B5変判
ISBN978-4-537-21508-3
2017年09月発売
定価1,404円(税込)

にちぶんBOOKSHOP

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。まとめて購入する場合は、楽天ブックスとなります。

おいしい料理を作りたいのに、味つけがうまくできない、
炒めものがベチャッとしてしまう、サラダが水っぽくなる……などなど、
出来栄えに「なぜ?」と悩んでしまう人へ。

「料理はセンス。ともいいますが、ひとつひとつの料理を紐解いてみると、
ポイントになる“仕組み”があることに気がつきました」という著者が、
少ない材料でも、シンプル調理でも、おいしくなる味つけの仕組みをご紹介します。

・料理の味の基本である「塩分」
・料理に満足感を出してくれる「コク出し」
・素材のおいしさを引き出してくれる「うまみ出し」
・料理に深みを出してくれる「奥行き出し」

この4つで、調理法を変えても、冷蔵庫の余り物だけでも、
おいしく作れるようになります。
さらに、炒めもの、サラダ、マリネ、煮もの、オーブン料理、
揚げもの、蒸しもの、スープの、各調理法のおいしい仕組みも掲載し、
料理の基本も学べます。嬉しい全71レシピ!

担当者コメント

著者の味つけの仕組みが頭に入ると、「おいしい!」の作り方がわかってきます。ポイントは“食材の味を引き出し、味に奥行きをつくる”ということ。それは、調味料で味をつけていくのではなく、調味料で食材のおいしさを引き出すという考え方です。ぜひ、本書で試してみてください!

著者紹介

グラフィックデザイナーを経て料理家に。日々を大事にしたいとの思いから、2005年に「サルビア給食室」を立ち上げ、料理の活動を始める。野菜たっぷりの体にやさしいごはんは、オシャレで作りやすいと評判。ナチュラルでセンスのあるライフスタイルにもファンが多い。著書は『ワタナベマキの31日分の定食カレンダー』(日本文芸社)、『重ねて火にかけるだけで絶品おかず』(家の光教会)、『アジアのサラダ』(主婦と生活社)など多数。