内容紹介 - 書籍

自力で防ぐ 誤嚥性肺炎

自力で防ぐ 誤嚥性肺炎

のどの筋肉を鍛えて寿命をのばす!

稲本 陽子 著

実用書健康・医学からだと病気
128ページ
判型A5判
ISBN978-4-537-21513-7
2017年10月発売
定価1,296円(税込)

にちぶんBOOKSHOP

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。まとめて購入する場合は、楽天ブックスとなります。

2011年、肺炎が日本人の死亡原因の3位になった。その理由は、気管に間違って食べ物が入ってしまうことで起こる誤嚥性肺炎で亡くなる人が増えているため。誤嚥は、飲み込む力が衰えていくことで起こる。そこで本書では、飲み込む力が改善できる方法をイラストで使ってわかりやすく紹介する。具体的には、のどの筋肉や舌を強くする体操やトレーニングのこと。また、誤嚥性肺炎の予防として、口の中を清潔に保つ歯の磨き方、口の周囲のマッサージ方法も合わせて紹介している。

著者紹介

藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科准教授。医学博士。言語聴覚氏士。南山大学外国語学部英米学科卒業。日本聴能言語福祉学院聴能言学科卒業。藤田保健衛生大学院医学研究科修了。専門は、リバビリテーション医学、摂食嚥下、言語病理学。