内容紹介 - 書籍

一流になるヤツ、二流で終わるヤツ

日文新書

一流になるヤツ、二流で終わるヤツ

しのぎを削る野球界で見た「伸びるヤツ」の条件

橋上 秀樹 著

日文新書日文新書
200ページ
判型新書判
ISBN978-4-537-25935-3
2012年05月発売
定価802円(税込)

にちぶんBOOKSHOP

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。まとめて購入する場合は、楽天ブックスとなります。

巨人軍で1軍戦略コーチを務め、日本一に貢献した著者。WBCでも戦略コーチに就任し、データ戦略などを中心に、侍ジャパンを支えている。楽天時代にはヘッドコーチとして野村克也監督の右腕として活躍した。そんなプロ野球の厳しい世界に長くかかわってきた著者が、これまでの経験をもとに、一流選手へと伸びていく人材の考え方や行動法則を明かす。また、一流を育てる指導論についても触れる。努力が報われる人、報われない人の違いがわかる1冊である。

著者紹介

読売巨人軍一軍戦略コーチ。WBC日本代表戦略コーチ。1965年生まれ。千葉県出身。84年ドラフト3位でヤクルト入団。92年、左翼手のレギュラー獲得、日本一に貢献。97年、日本ハム、00年阪神に移籍。05年より楽天コーチ就任。07年からヘッドコーチに昇格し、09年まで務める。11年、BCリーグの新潟アルビレックス監督。現役、コーチ時代を含め、のべ12年間にわたって野村克也監督の薫陶を受け、その野球論は定評がある。