内容紹介 - 書籍

古地図で歩く 江戸と東京の坂

古地図で歩く 江戸と東京の坂


山野 勝 著

一般書サブカルチャー
224ページ
判型四六判
ISBN978-4-537-25961-2
2012年09月発売
定価1,728円(税込)

にちぶんBOOKSHOP

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。まとめて購入する場合は、楽天ブックスとなります。

著者、山野氏はタモリさんと並ぶ坂道ブームの火付け親。新聞、雑誌、TVなどの坂道特集の際は、必ず坂道の達人として登場します。今回は「六本木」「麻布十番」「三田」「南麻布」「茗荷谷」「紀尾井町」「九段」「市ヶ谷」「神楽坂」と言った街の、山野氏オリジナルお散歩コースをご紹介します。坂の魅力、坂の持つ歴史、コースの見所をじっくりとご紹介していきます。切り絵図と現代の地図を見比べながら街を歩けば、なにやら江戸が東京にタイムスリップしたような気がしてきます。

著者紹介

1943年生まれ。早稲田大学製時経済学部新聞学科卒業。講談社常務取締役、講談社コミッククリエイト代表取締役を歴任。現在は日本坂道学会会長。朝日カルチャーセンター、NHK文化センターなどの「坂道講座」の講師を務める。