内容紹介 - 書籍

日の鳥2

日の鳥2


こうの 史代 著

一般書読物
130ページ
判型A5判
ISBN978-4-537-26147-9
2016年05月発売
定価972円(税込)

にちぶんBOOKSHOP

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。まとめて購入する場合は、楽天ブックスとなります。

こうの史代氏の最新刊がついに登場!
2016年秋アニメ映画化予定の『この世界の片隅に』などの話題作で根強いファンを持つ著者が、復興に向け歩む東日本の姿を描くヒット作の第2弾。
突然いなくなった妻を探して旅に出た雄鶏。彼女の想い出と震災後の各地の姿を重ねながら旅は続く。
震災後5年が経ち、少しずつ関心や記憶が薄れていく一方で、ただひたすらに日々の営みを積み重ねていく被災地。
その風景が、イラストと詩で優しく穏やかに紡がれます。

担当者コメント

「週刊漫画ゴラク」にて連載され、単行本が発売即重版となった話題作『日の鳥』。
待望の続編に描き下ろし新作も加えた第2巻が登場!
これまで日常に寄り添う暖かい目でヒロシマを描き、新たな戦争文学の世界を築き上げたとも言える著者が、穏やかに丁寧に今の東日本の姿を見つめます。
震災がテーマでありながら、雄鶏という一風変わった主人公の旅行記にもなっており、親しみやすい語り口で各地を巡っていきます。
主人公が途中で出会う野鳥たちも独特の存在感を醸し出し、愛らしさとユーモアを楽しみながら、家族で一緒に読み継げる一冊。

著者紹介

代表作『夕凪の街 桜の国』(双葉社)で第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞新生賞受賞。
『ぼおるぺん古事記』(平凡社)はシリーズ累計12万部突破。
「このマンガを読め!(2010)」第1位を受賞した『この世界の片隅に』(双葉社)が今秋アニメ映画化予定。