内容紹介 - 書籍

南三陸から vol.4 2013.3.11〜2014.3.11

南三陸から vol.4 2013.3.11〜2014.3.11


佐藤 信一 著

一般書写真集
96ページ
判型B5横判
ISBN978-4-537-27870-5
2014年08月発売
定価1,620円(税込)

にちぶんBOOKSHOP

※ご利用のオンライン書店をクリックしてください。まとめて購入する場合は、楽天ブックスとなります。

たくさんの愛しいものたちを失った、あの日から3年。一歩ずつ“懐かしい未来”へ向かう、海と山が美しい町・宮城県南三陸町で暮らす人々がそれぞれの“今”を綴った、写真家・佐藤信一による南三陸からの4通目のフォトレター。

*この写真集の売上げ1冊につき、300円が宮城県南三陸町へ義援金として寄付されます。発行:ADK 発売:日本文芸社

著者紹介

1966年、宮城県本吉郡南三陸町生まれ。親子二代、南三陸町で写真館「佐良スタジオ」を営んでいたが、2011年3月11日、東日本大震災の津波により自宅及び写真館を失う。「一番苦しいときの写真を残す。この先、何が起きても、みんなが乗り越えられるように」と、唯一持って逃げたカメラで地震直後から失われた街が元通りになるまでの道のりを今も撮りつづけている 。

著者コメント

「あなたに撮ってもらった子供の写真、ほら見つかったよ。ホント写真っていいよね〜、撮ってくれててありがとう。またいつか撮ってね!」。この言葉が今の私の支えです。そして一番撮りたい写真は、そんな人々をカメラに収め、失った多くの思い出をまたその手元に届けたいのです。今回、仮設ながらも小さなスタジオで皆様の笑顔を撮る事ができました。お仕事にもお邪魔させて頂き、頑張っている姿を収める事ができました。その姿にレンズ越しに感動し勇気を頂きました。そして、これからも、もっともっと人を撮りたいと思いました。私の写真が、その方とその家族にとって大切な生きる証になれば幸いです。そして全国の皆様にも、南三陸は元気ですと感じてもらえれば幸いです。再生し続ける町並。美しい風景。そして人々。是非、日本一シャッターチャンスのある町「南三陸」へお越し下さい。お待ちしています。 今日も撮ってます。南三陸