みさと美夕稀インタビュー -2-
【みさと美夕稀プロフィール】

3月10日生まれ。うお座。O型。スリーサイズは全体的にミニマムサイズ(本人談)。
1988年。成人向け漫画家として大洋書房「イチゴみるく」にてプロデビュー。同社が新創刊した成人向け雑誌「ポプリクラブ」にてはじめてのシリーズ連載を経験。
1993年。大洋図書「SHY」にてやおい漫画家デビュー。
1998年。白泉社小説花丸第二十回新人賞投稿作品「不肖の彼」にて文庫本デビュー。
現在に至る。
愛猫めると、同居人とともに東京の片隅にてひっそりと執筆活動中。





前回に引き続きみさと美夕稀先生に、質問シートに答えて頂く第2弾! 今回は先生の作品について聞いてみました。
************************************************************************************
■第2回目■

--花恋では主にノベルズを書かれていますが、ノベルズならではの創作の楽しみはどんなところですか?

漫画なら一コマで終ってしまうようなシーンを、じっくり丁寧に書いたり、説明したりできること。
これは、ノベルズならではですよね。漫画ならいかに言葉を削って絵で見せるかということに苦心しますが、
ノベルズは、その逆なので。
日本語って、ほんとに表現の幅が広くて、書いていて楽しいです。
あと、イラストを自分で描かない場合は、容赦なく想像の箍を外します(笑)
自分で描く場合「私には表現できないな」「描けないな」と、自然に表現にセーブがかかってしまうんです。
なので、花恋では思う存分描かせていただいています。宮沢ゆら先生、本当にお疲れ様です(土下座)

--ノベルズ「弁護士様の恋愛事情」、まんが「法律事務所の王子様」と、これらの弁護士シリーズが花恋でも好評です。弁護士を題材にしたのはなぜですか?

歴代の担当さんの方針で「なるべくまだジャンルとして未分化のものを題材にするように」と、作家としての役割分担をされていまして(笑)
なので、じつは弁護士モノもそういった理由からチョイスしました。1999年初出当時はまだ未分類のジャンルだったので。
その頃、ちょうど嵌まっていた海外ドラマ「こちらほげほげ法律事務所」の影響もあります。
当時の担当さんに「次、どういった職業の作品にします?」と言われて「じゃあ、弁護士モノで」と安易に。その後、海外と日本の弁護士のスタンスの違いや、法律、裁判所のシステムの違いに愕然となって一瞬後悔しましたが(笑)。知れば知るほど面白いです。法曹界。

--三田村先生と穂村先生、三枝先生と西園寺先生。お気に入りのキャラクターはズバリ誰ですか? また、その理由をお願いします。(作品内のキャラクターであれば、 前述の4名に限定しません。ズバリお気に入りは誰ですか?

当然、全員お気に入りです(笑)
でも、じつは、花恋で連載させていただいている「弁護士様の恋愛事情」は「宮沢ゆら先生のイラストありき」の作品なんですよ。他社で仕事をすることになったときに、イラストレーターを選んでくださいと言われまして。
選ぶということじたいがおこがましいですし、そんなこと言われたのがはじめてだったので、そりゃもう気合を入れて何人かのイラストレーター候補さんのHPを見ていて宮沢先生のサイトを見させていただいた瞬間「あ!この絵が欲しい!」と。
宮沢先生の描いた男の子の絵がとにかく可愛くて。
一目惚れです。この少年をなんとか作品に登場させたいなと。
そのとき「法律事務所~」の脇役だった西園寺を主役にして弁護士モノを書くというところまでは決まっていたのですが、まだ相手役が決まっていなくて(笑)
でも、西園寺は少年と恋愛ってタイプじゃないから…。そうだ!子持ちのやもめ弁護士という設定にすればいいんじゃない!と。
こうして私が一目惚れした宮沢先生のイラストの男の子が、三枝というやもめ弁護士のひとり息子、春樹になったという。ということは、春樹が一番なのかなぁ?
でも、毎回色気を増していく三枝くんも好きですし。
西園寺は、毎度かっこいいですし。自分のキャラクターを褒めちぎっていて変態ですね。私(笑)。でも、宮沢先生のイラストのおかげで、話がふくらんでいったり、キャラクターが成長したりするので…。
あと、担当さんとの何気ない会話でもキャラクターへの愛情バロメーターが急上昇したり(笑)
答えになっていない回答ですみません。でも、どの作品のどのキャラクターも優劣無しに愛しいわが子みたいなものなので。

--今後、花恋で描かれてみたい作品について聞かせてください。

「弁護士様~」の番外で先日ちらっと書いた三枝の息子の春樹とその友人高田の恋愛未満のうぶうぶでういういな話が書きたいです。
あと、ごっっっついエロ漫画をいつか描かせてください(笑)。花恋でこんなもの描いていいのっっというようなやつを☆
もしくは、エッチのかけらもないコメディ漫画(笑)
でも、一番は、やっぱり「弁護士様の恋愛事情」を少しでも長く書かせていただけたらと思っています。
まだまだ伝えたいことがうまく伝えられなかったり、上手な表現方法を見付けられなかったり、至らない部分も多々ありますが、全力投球で参りますので。これからもどうぞよろしく御願いいたします。


(C)Nihonbungeisya All Rights reserved
〒101-8407 東京都千代田区神田神保町1-7
(株)日本文芸社