小説から遠く離れて

小説の擁護へと至る画期的な長篇評論!
 
蓮實重彦著
四六判上製 308頁
本体1262円
〔物語の分析〕の徹底的な敢行を通して〔小説の擁護〕へと至る批評の冒険――村上春樹、大江健三郎などの代表的長篇小説に説話論的な還元をほどこしつつ、本書自らが「小説的」たらんとする画期的な長篇評論。

一覧に戻る  [書籍注文へ]