死を迎えるこころ

悠々と老い、大らかに死ぬということ
 
寺内大吉著
四六判上製 256頁
本体1262円
老いて明るく逞しく、生涯現役で人生の幕を引くための感動のエピソード。大吉和尚が説く――生老病死の心がまえ。〔主な内容〕いのちの日差し/福祉がこわい/老いて養生/無病と有病/大食らい地獄/死のふちを覗く/歯切れのよい死/畏友・司馬遼太郎君の死/二連数珠と南無阿弥陀仏

一覧に戻る  [書籍注文へ]