秘本文学館1〜5

甦る幻の性文学

清水一郎 編
▼にちぶん文庫
本体524円
大正から昭和初期に一世を風靡した、秘本の数々。艶麗、退廃、多情…など、性の深淵を追究した、「闇の性文学」を紹介。1淫楽の宴・2情欲の宴・3禁欲の宴・4悦楽の宴・5背徳の宴、 以下続刊。

一覧に戻る  [書籍注文へ]