今、注目の超高濃度ビタミンC点滴療法

今、注目の超高濃度ビタミンC点滴療法

がん治療からアンチエイジングまで点滴療法のすべてがわかる

著者 水野 芳春
ジャンル 書籍 > 健康・医学 > からだと病気
出版年月日 2013/06/18
ISBN 9784537211238
判型・ページ数 4-6・184ページ
定価 本体952円+税
今、世界から注目される「超高濃度ビタミンC点滴療法」をわかりやすく紹介。副作用がほとんどなく、放射線被爆の対策にも用いられているビタミンC。超高濃度ビタミンC点滴療法にはいったいどのような効果があるのか。高濃度ビタミンC点滴療法の歴史、治療例と実績、またビタミンCの力に触れ、最新事情を具体的に医師の立場から説明する。
担当者コメント
最新のがん医療として、いま「超高濃度ビタミンC点滴療法」が注目をされています。2005年にアメリカで「正常細胞には害を及ぼさず、ガン細胞のみを殺す作用が超高濃度ビタミンCにある」という論文が発表され、以後、多くの治療例が報告されています。本書は、この点滴療法の詳細と、日本での最新事情をわかりやすく解説。他の治療法に比べ、副作用がほとんどない点でも期待されている最新療法の未来を探る一冊です。
昭和62年、杏林大学大学院医学研究科卒。医学博士。ヒルズクリニック院長。日本内科学会認定内科医、日本循環器学会循環器専門医、日本抗加齢医学会会員、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医。