あったかくて、やさしいオーガニックレストランのお菓子ノート

あったかくて、やさしいオーガニックレストランのお菓子ノート

心もからだもおいしい、だから明日も食べたくなる

著者 濱口 淳子
ジャンル 書籍 > 料理 > お菓子
出版年月日 2014/09/05
ISBN 9784537212068
判型・ページ数 B5・96ページ
定価 本体1,300円+税
オーガニックレストランを営む著者が何度も試作を重ねて生み出した、お店でも大評判、味も素材もプロセスもプロのアイディアがいっぱいの、オーガニックだけど簡単、おいしいお菓子のレシピ集。オーガニックは材料にこだわるとそろえるのが大変。本書では材料を手頃で入手しやすいものにおさえるだけでなく、ネットで購入可能なお店を紹介。スコーンやパンケーキなどの定番から、イベントにぴったりの華やかなケーキまでバラエティ豊かに展開。ノンオイルのシフォンケーキや、卵を使わないカスタードクリームのエッグタルト、色々試してみて。
担当者コメント
ポイント① オーガニックってハードル高い?そんな人でも気軽にできます!
オーガニックのスイーツ大好き、カフェやレストランに行くのも好き、だけど作るとなると、急にハードルを高く感じてしまう人がほとんどではないでしょうか。本書では初心者でも気軽に取り組んでもらえるように、食材はできるだけシンプルに、工程もオーガニックだからといって複雑にならないよう、省けるだけ省いた苦心のレシピがそろっています。オーガニック食材をそろえるのが大変という人のため、ネット購入可能なショップも紹介。まずはひとつ、作ってみようかな。こんなに簡単なら、明日も作ってみようかな。そんな気分にさせてくれる一冊です。

ポイント② オーガニックっておいしくない?おいしいんです!
オーガニックのお菓子や料理って、風味が物足りなかったりなんとなく味がぼんやりしていることもありがち。本書のお菓子たちは著者が何度も何度も試作を重ね、編み出した優等生ぞろい。どれも本当においしいのです。それも、バターや砂糖をふんだんに使ったお菓子のおいしさとはまたひと味違った、オーガニックならではの味わい。卵を使わないのにこっくり、だけど後味さっぱりのカスタードクリームのエッグタルト、豆乳で作るからこそふわっふわになるシフォンケーキ、メイプルシロップのほんのり自然な甘みがおいしいクッキー、いくつ食べてもなぜかもたれない不思議なスコーン、ハーブティーの香りがふんわり・上品な大人味のジュレ……この感動、作って食べてみないとわかりません!

ポイント③ オーガニックって素朴すぎ?こんなにおしゃれ!
オーガニックというと、素朴なのはいいけどおもてなしの一品には向かないかも。そういうこと、あると思います。ありのまま、自然体が素敵という時もあれば、やっぱりパーティやイベントではちょっと華やかで洗練されたスイーツで自慢したくなるものではないでしょうか。そんな時に、豆腐のティラミスやショコラテリーヌ、いかがですか。バレンタインにマンディアン、クリスマスにドライフルーツのリースケーキ、ホームパーティなら超カンタンなのに見ばえのよいアップルダンプリング、パンプキンタルト、女子会にはモードなブラウニーにブラマンジェ、いつものお菓子だけじゃない、レストラン提案ならではのアイディアいっぱい、魅力いっぱいの見目良いお菓子を楽しんで。

ポイント④ オーガニックのお菓子って失敗しやすそう?Q&Aで絶対大丈夫!
オーガニックでお菓子を作ると素材にこだわる分、手間も普通よりかかるし、面倒なプロセスが多いというイメージを持たれがち。確かに、小麦粉やバター、卵といった、お菓子作りに定番の材料を使わないとなるといつもと勝手が違う、だからめんどくさい、となってしまいますよね。本書では何度も試作を重ねたからこそわかる、失敗しがちなポイントをきちんとQ&Aでフォロー。「豆乳を使うと味がぼやける」「寒天のゼリーが硬くなる」他、ありがちな失敗をプロがしっかり助けてくれます。さらに、それぞれのレシピでも成功のコツを紹介。マクロビやアレルギーに対応して、小麦粉などの代わりとなる材料&分量も記載しているので、オーガニックのお菓子を幅広く楽しむことができます。
2000年、夫の濱口正遠氏とともに、素材と手作りにこだわったナチュラルレストラン「Ours dining」を徳島でスタート。2006年に那須高原に移転し、現在に至る。お店ではパティシエを担当。

関連書籍