インバウンド・ツーリズム ハンドブック

インバウンド・ツーリズム ハンドブック

訪日外国人旅行客への対応と心得

著者 日本文芸社 編著日本政府観光局(JNTO) データ協力
ジャンル 書籍 > ビジネス・実務 > ビジネス
出版年月日 2015/02/24
ISBN 9784537212693
判型・ページ数 128ページ
定価 本体1,800円+税
2014年に1300万人を突破!ーー2020年東京オリンピック・パラリンピック開催が決定し、今後さらに海外からの訪日旅行客は増大し、企業や自治体にとっては大きなビジネスチャンスとして期待できる。訪日観光客の約75%をしめるアジア8カ国(韓国・中国・台湾・香港・タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア)を対象に、訪日客の実態をひとめでわかるデータと資料で紹介。また、いち早く積極的にインバウンドに取り組む企業の最前線を取材し、明解にまとめた「ビジネス&おもてなし」に必携の一冊。
担当者コメント
連日ニュースで取り上げられているように、いま、海外訪日旅行者は著しい増加傾向にあります。日本は2020年の東京オリンピックに向け、現在の1000万人から、倍増、さらに3000万人の目標を掲げ、官公庁、地方自治体、民間が一体となり取り組んでいます。しかしながら、この「インバウンド」にまつわる業務がどんなものなのか、どうすればよいか、という認識はまだまだ薄く、専門的な本以外に関連書籍も少ないのが現状です。本書はインバウンド・ツーリズムに関わるすべての人々(国や地方治自体の観光課・観光推進団体、ホテル・交通などの民間担当者、旅行会社勤務者)、また関心を持つ一般読者に向けた、ビジュアルでわかりやすく使いやすい本を目指しています。
データ協力:日本政府観光局(JNTO)は、東京五輪の1964年設立。50年間にわたり訪日外国人旅行者の誘致に取り組んできた政府の専門機関。世界14都市に海外事務所を持ち、主に日本へのインバウンド・ツーリズム業務全般を行っている。

関連記事