刺し子の手しごと

刺し子の手しごと

伝統柄で楽しむふきんと小もの

ジャンル 書籍 > 娯楽・趣味 > 衣服
出版年月日 2017/09/28
ISBN 9784537215007
判型・ページ数 96ページ
定価 本体1,300円+税
伝統柄を中心とした刺し子の作品集。ふきんをメインに、小さな袋物なども。藍や生成りのシンプルな色と意匠のなかに、手しごとのあたたかみが感じられます。麻の葉や分銅つなぎ、人気の一目刺しなど、刺すことに没頭して時間を忘れそう。ひと針ひと針、刺し子本来の美しさを堪能してください。
担当者コメント
これぞ刺し子。刺し子らしい作品をお探しの方へおすすめの一冊
近年、刺し子の本がたくさん刊行されるようになりました。さわやかなビタミンカラーの、ちょっとポップな柄なども人気だとか。一方で花ふきんなど伝統的な一目刺しの精緻な作品も注目され、市場も広がっています。
刺し子からイメージするのはどんなことですか? 麻の葉や分銅つなぎ、藍や生成り。素朴で力強く、美しい意匠。刺し子は、ものを大切にする暮らしや、自然と共生する知恵から生まれたもの。そこには日本の伝統が息づいています。
この本では、初めての方が手軽に刺せるものから、ちょっと刺しごたえのあるものまでご紹介しています。「刺し子らしい」手しごとを、どうぞお楽しみください。