自分を愛する習慣

自分を愛する習慣 (単行本)

フォーマット: 電子書籍
著者 中野 裕弓
ジャンル 書籍 > 自己啓発
出版年月日 2015/05/26
ISBN 9784537261165
判型・ページ数 144ページ
定価 本体800円+税
この本で紹介する「愛のコーヒーカップ」理論は、
「他人よりもまず自分に徹底的に愛を注ぐ。それによっておのずと人生が好転する」
という経験を通して体得した、わたし流の哲学です。
そして、自分が満たされると、注いだ愛は自分のカップから溢れ出し、周囲の人をも幸せで満たし始めます。
さらに注いでいると、やがて、世界中に幸せが広がっていく……。
そんな魔法の理論です。
(本書「はじめに」より抜粋)

*本書は2011年4月発行「世界でいちばん自分を愛して」を加筆修正し、再編集、改題したものです。
担当者コメント
他人よりもまず自分に徹底的に愛を注ぐ。
それによっておのずと人生が好転する、
と著者は語る。それを「愛のコーヒーカップ」理論とした著者独自の哲学。
自分をコーヒーカップと見立て、そこにコーヒー(愛)を注ぐ。
注ぎ続けると、そこからコーヒーは溢れ出し、他のコーヒーカップも満たし始める。
世の多くの作品で相手への愛を唱えているが、本書は、まず「自分」。
自分を満たすことこそが人生の好転への一歩となる。
本書では、そんな「自分の愛する習慣」を著者独自の理論で伝えていく。
中野裕弓
横浜生まれ。9年間の英国生活を経て、東京の外資系銀行にて総務人事、教育研修などに携わる。
1993年、世界銀行本部よりヘッドハントされ日本人初の人事マネージャーとなり、のちに人事カウンセラーとして活躍する。98年、「日本の国づくりに参加する」という思いを抱き、帰国。現在は企業でのマネジメントコンサルティングや研修、コミュニケーションカウンセリング、執筆、講演などで幅広く活躍。
「Spireality(スピリアリティ)」の提唱者
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)