スタンフォードの花嫁、日本の農家のこころに学ぶ

スタンフォードの花嫁、日本の農家のこころに学ぶ

著者 ナンシー 八須
ジャンル 書籍 > 読物
出版年月日 2015/09/30
ISBN 9784537261189
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,700円+税
TBSにて放送の「所さんのニッポンの出番」への出演などで、日本人以上に日本人らしい食へのこだわりが注目を集めている著者。カリフォルニアから日本(さいたま)の農家に嫁いで25年以上、夫、近隣の人々との交流を通じて触れ合ってきた日本の家庭料理や自然の恵みの素晴らしさを語る。
アメリカ人の視点から紹介する「和食」の原点を通じて、忘れられてしまった人間と食にまつわる日本の伝統文化を改めて見つめなおすことのできる一冊。
担当者コメント
埼玉県の農家に嫁いだスタンフォード大学卒・アメリカ出身の才媛が、その日常で触れた日本の食の奥深さ・大切さを、さまざまな日本の食材、料理にからめて伝えるエッセイ集。

母国アメリカと第二の祖国となった日本、その両国の食文化のギャップから導かれる文化的背景をうかがわせる考察は、日本人にとっても新鮮で、失われてしまった日本の文化を改めて見つめ直すきっかけを作ってくれます。

ユネスコの無形文化遺産となり内外から注目を集める「和食」ですが、本書は、いわゆるお店で食べる「和食」の紹介にとどまらず、生活の中で日本の食と文化に触れた著者ならではの、暮らしの中に溶け込んだ「和食」に向ける温かいまなざしが感じられる点でユニークな一冊となっています。

巻末には一章を割いて、彼女が日本で会得した「田舎料理」レシピも豊富に収録、読んで美味しく、作って満腹間違いなし!
米国・カリフォルニア州出身。スタンフォード大学卒業後、「寿司」に焦がれ1988年に来日。英会話の生徒だった八須理明氏と結婚して「農家の嫁」となり、農業の手伝い、3人の息子の子育て、英会話学校の運営に奮闘する。2001年、英語と自然を通して子どもの独創性を育む教室《Sunny-Side Up!》を開設。2012年に本書の原本『Japanese Farm Food』が欧米で高い評価を得たのに続き、2015年8月には2冊目となる『Preserving the Japanese Way』も刊行。スローフード埼玉の元リーダーでもある。