全国民が豊かになる 最強の地方創生

全国民が豊かになる 最強の地方創生 (単行本)

フォーマット: 電子書籍
著者 三橋 貴明
ジャンル 書籍 > 政治・経済・金融
出版年月日 2016/05/25
ISBN 9784537261462
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,400円+税
交通インフラの整備で日本は爆発的に成長する! 日本全土を新幹線でつなげ! マイナス金利の今こそ、巨大公共投資の絶好のチャンスだ!  新幹線や高速道路網など日本全土での交通インフラの整備で、豊かな暮らしを日本に取り戻す、真の地方創生策を提言する。現在の東京一極集中が地方との格差や少子化を生み、日本の危機だと喝破。交通インフラの整備による需要創出、生産性の向上、国民の実質賃金の引き上げで、さらなる経済成長の実現を訴える。
担当者コメント
人気経済評論家・三橋貴明先生の最新入魂作です。安倍政権による亡国の競争政策を徹底糾弾。政府やマスコミによる洗脳から読者を解き放ち、日本経済の真実や日本の再生戦略が見えてきます。実質賃金や経済成長など、本書でしか読めない本当の経済常識も身に付きます。
三橋貴明(みつはし たかあき)
経世論研究所 所長。1969年、熊本県生まれ。東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業、NEC、日本IBMなどを経て、2008年、独立。国民が豊かになる「経世済民」を目的に、豊富なデータに基づいた経済理論と独自の提言で、次々と話題作を生み出し続けている。デフレ脱却のための公共投資推進、反増税、反TPP、反グローバル化の論客として高い人気を誇る。
著者コメント
本書は、特に地方の人口減少を受け、単純に、「このまま日本は衰退する」といった、印象論に基づくデマゴギーを信じ込んでいる日本人にこそ読んで欲しい一冊だ。つまりは、多数派の日本人が対象という話だが、思考停止から脱却し、自分の頭で事実や「事実の繋がり」を考えてみたとき、我が国が経済成長の絶好のチャンスを迎えていることが誰にでも理解できる。筆者は、本書を日本国民を「思考停止」という病から解き放つ、最良の処方箋として書いたのだ。(はじめにより)

関連記事