眠れなくなるほど面白い 図解 相対性理論

眠れなくなるほど面白い 図解 相対性理論

宇宙・時間・空間のフシギ 偉大な理論のナゾに迫る!

著者 大宮 信光
ジャンル 書籍 > 雑学
シリーズ 眠れなくなるほど面白い
出版年月日 2018/01/26
ISBN 9784537261820
判型・ページ数 A5・128ページ
定価 本体680円+税
アインシュタインが「相対性理論」を生み出すまでには、さまざまな先人たちの叡智の積み重ねと、長い道のりがあった。
「特殊相対性理論」が発表されたのは1905年。特殊相対性論は量子力学と協力しながら、コンピュータや通信機器の内外で電子や電波の動きを基礎づけ、新幹線やジェット機などを支え、とくにエネルギーと質量の同等性が原水爆の誕生を促す。
ところが、特殊相対論は2つの弱点を抱えていた。そのためアインシュタインは、この2つの問題を解決する「一般相対性論」を、第一次大戦中の1916年に発表する……。
全宇宙の時空の神秘、エネルギーと質量の謎ーーアインシュタインが発表した「相対性理論」で明らかになる多くの重要なことを、とにかくわかりやすく解説。「相対性理論とはいったい何なのか?」を知りたい人にぴったりの入門書!
担当者コメント
図解「眠れなくなるほど面白い」シリーズ、期待の一冊。科学分野全般において、豊富な知識と平易な解説に定評のある著者が、難しいと言われる「相対性理論」を超わかりやすく教えてくれます。読者を引き込む興味深い語り口と徹底図解で、あなたもきっと「相対性理論」を理解できるはず!
科学評論家。科学ジャーナリスト。1938年東京生まれ。東京教育大学(現在の筑波大学)在学中から家庭教師、塾経営をはじめ、67年にSF同人雑誌『宇宙塵』に参加。78年頃からSF乱学者、科学 評論家を名乗り、科学技術と文明の未来を中心テーマに、森羅万象を狩猟・採集・料理する。おもな著書に、『眠れなくなるほど面白い 図解 科学の大理論』 『面白いほどよくわかる化学』『面白いほどよくわかる気象のしくみ』 (以上日本文芸社)、『世界にかがやいた日本の科学者たち』(講談社)、『天変地異のメカニズム』(かんき出版)など多数ある。
著者コメント
たしかに、全宇宙の時空の神秘、エネルギーと質量の謎が宿った相対性理論は奥深く、簡単に全貌を納得できるはずのものではないことはご存知の通り。げんに多くの人が相対性理論の深い森に入ってつまずいてきた。だが、その土台は、「相対性原理」と、「光速度不変の原理」という、たった2つの原理に支えられている。この2つの原理をしっかり押さえておけば、相対性理論はぐいっと突破しやすくなる。このことを念頭に、わからないところはゆっくり、時間をかけて考えながら読み進めていただければ、相対性理論が私たちの生活には欠かせないものだということがおわかりいただけるだろう。どうか最後まで、お楽しみいただきたい。

NEWS & TOPICS

一覧

CALENDAR