眠れなくなるほど面白い 図解 微分積分
新刊

眠れなくなるほど面白い 図解 微分積分

微積分を楽しく理解! 数学的センスを磨く!

著者 大上 丈彦
ジャンル 書籍 > 雑学
出版年月日 2018/04/25
ISBN 9784537215816
判型・ページ数 AB・128ページ
定価 本体680円+税
「時間や距離を細かくして考えることが微分」「細かくしてから足しあわせるのが積分」ーー苦手意識を持つ人が多い微分と積分だが、現在では物理学、化学、生物学、経済学など様々な分野で応用され使用されている。微分積分がなければ、新幹線は作れないし、飛行機の安全性も確保できない。先入観を捨てて基礎さえ理解すれば、微分積分はぐんと面白くなる!楽しく学べる入門書の決定版。
担当者コメント
数学コンプレックスを持つ人、とくに「微分積分」でつまずいた人は多いはず。本書はそんな人に向けた最適の入門書です。「どんな楽しい曲でも楽譜は音符だらけなのと一緒。メロディのイメージなしに曲は作れないように、数字や式だけ追っていても数学はわかりません。具体的なイメージを持つことが大切」という監修者の言葉にあるように、順を追って説明し、とにかくわかりやすい本を目指しました。
プログラマ、ディレクター、予備校講師などを経て、2000 年に「初学者には優しくする必要はあるが、易しくする必要はない」を合言葉に企画編集 プロダクション<メダカカレッジ>を主宰。自らの執筆の傍ら、わかりやすい入門書のためのコンサルティング等を行なっている。主な著書に『マンガで わかる統計学』(SBクリエイティブ)、『ワナにはま らない微分積分』『ワナにはまらないベクトル行列』(技術評論社)、共著書に『 マンガでわかる微分積分』(SB クリエイティブ)、『ねじ子とパン太郎のモニター心電図』(SMS)などがある。
著者コメント
数学は抽象化の極みのような学問ですから、理解のためには、今自分が何をやっているかのイメージを持つことがとても大切です。本書は微分積分が何をやろうとしているのかを解説しています。本書の内容で、微分積分のすばらしいアイディアに触れるには十分です。微分は「細かくして分析する」、積分は「細かくしてから足しあわせる」。シンプルな発想ですがそれだけに応用範囲が広く、理解すれば様々なことがこれまでとは違って見えるはずです。そんな「特別な目」をあなたもぜひ手に入れてください。

NEWS & TOPICS

一覧

CALENDAR