羽生の実戦 詰め&必死 200
新刊

羽生の実戦 詰め&必死 200

羽生永世七冠に学ぶ!強くなるための実戦解説

著者 森 雞二
ジャンル 書籍 > 囲碁・将棋
出版年月日 2018/08/30
ISBN 9784537216073
判型・ページ数 4-6・240ページ
定価 本体1,300円+税
羽生永世七冠のこれまでの対局から、実戦で強くなるための詰将棋を100題、もはや打つ手なしの必死100題を厳選して出題。
終盤の魔術師の異名をとる森九段の解説で最強の手筋を解説。
より次の一手に重きを置き「詰めと必死」に特化したもので、初心者から初段くらいの方にぴったりです。
担当者コメント
より次の一手に重きを置き「詰めと必死」に特化したもので、初心者から初段くらいの方が対象の問題集となります。平成16年に日本文芸社で出版し7刷りした、「羽生の将棋実戦詰め&必死」の手筋問題集の図版を再利用して判型を大きくし、新たな問題を追加した増補改訂版です。原稿は全て書き直し、今の時流に沿った内容に変更しています。
昭和21年4月、高知県中村市(現 四万十市)生まれ。38年、大友昇八段に入門。60年九段。手将棋の乱戦、中飛車、ひねり飛車を得意とし、終盤の大技、大逆転から「終盤の魔術師」の異名を取る。
タイトル戦登場8回。棋聖、王位に各1期在位。平成7年、羽生王座に挑戦し、惜しくも敗れた。平成6年、将棋栄誉賞、12年10月、通算700勝達成。昭和60〜62年、連盟理事。平成5〜7年、同常務理事を務めた。その後、数々の受賞歴を有す。
著書に『一閃! 森流ひねり飛車』『羽生善治妙技伝』『羽生善治の強襲の一手』などがある。

NEWS & TOPICS

一覧

CALENDAR