1日1分!! 一生歩ける骨づくり
新刊

1日1分!! 一生歩ける骨づくり

「もろい骨」は何歳からでも若返る!

著者 林泰史
ジャンル 書籍 > 健康・医学 > 健康法
出版年月日 2018/10/02
ISBN 9784537216141
判型・ページ数 A5・96ページ
定価 本体800円+税
誰もが一生、若々しく元気に過ごしたいと思っています。
そのためには、骨の健康を最優先で考えてみるのもよいかもしれません。
スカスカの骨では、転倒、骨折、寝たきりを招いたり、
いつのまにか骨折で、背中や腰が丸くなってしまうことも。

骨を強くするためには、「1分の骨刺激と1杯のホットミルク」を取り入れましょう。

すると骨から若返りホルモンが出て、いろいろな病気の予防に役立ち、お肌も若返る。
毎日が活動的になり、元気に過ごせばまた骨が刺激されるという
嬉しいサイクルが生まれます。
この本で骨の大切さを知り、一生折れない、一生歩ける若々しさを手に入れましょう!
担当者コメント
50代以上の女性の3人に1人がかかるとされ、もはや国民病ともいえる骨粗鬆症。

骨折がそのまま寝たきりにつながることも多く、

骨の健康は女性だけでなく男性も年齢とともにケアしたいものです。

最近の研究では、体全体の若返りとも関係するといわれ、

人生100歳時代を生きる私たちにとっては、

最も重要な部分のひとつ、といっても過言ではありません。

本書では、何歳からでも骨を鍛えられる方法をたくさん紹介しています。

日常生活でしっかり骨ケアしていきましょう。
林泰史(はやし やすふみ)

原宿リハビリテーション病院 名誉院長

1939年生まれ。京都府立医科大学医学部卒業後、1965年に東京大学整形外科学教室入局。1970年代には、高齢者人口の増加を予想し、骨粗鬆症の基礎研究で、医学博士号を取得。テキサス大学骨代謝科留学を経て、東京都衛生局技監、東京都多摩老人医療センター院長、東京都老人医療センター病院(現・東京都健康長寿医療センター)院長、東京都リハビリテーション病院院長職を務める。2015年より現職。
高齢者医療・骨研究・リハビリテーション医療の権威。高齢者の骨折による寝たきり増加を防ぐため、骨粗鬆症の基礎研究、臨床研究、骨折の手術療法、骨粗鬆症の治療、および予防の啓蒙に努めている。

著書は『100歳まで歩ける脚づくり』(メディカルトリビューン)、『リハビリ病院の名医が教える 太ももを鍛えれば骨は超強くなる』(三笠書房)など多数。

NEWS & TOPICS

一覧

CALENDAR