新版 戦国史
電子書籍
新刊

新版 戦国史

動乱の時代を勝ち残った戦国群雄の軌跡

著者 鈴木 旭
ジャンル 書籍 > 歴史
出版年月日 2018/03/14
ISBN 9784537261837
判型・ページ数 4-6・240ページ
足利幕府崩壊以降、下剋上の戦いを経て、信玄、謙信、信長の天下取り、秀吉の天下統一と家康の徳川幕府体制の完成まで。豊富な図解と写真を用いて、国が燃えた激動の戦国時代が手にとるようにわかる!
担当者コメント
著者は歴史作家であり研究者でもあるので、多くの貴重な文献にあたって、詳しくかつわかりやすく書かれています。その著者をして、戦国時代は日本の歴史を学ぶ上で、非常に興味深く、面白い要素が数多く詰まっているとのこと。学校の授業だけでは、まだまだ知られていない日本史の醍醐味をぜひ堪能してください。
歴史ノンフイクション作家。昭和22年(1947)、山形県天童市生まれ。東京都品川区在住。法政大学第一文学部に学ぶ。平成6年(1994)、『うつけ信長』(学研歴史群像新書)で「第一回歴史群像大賞」受賞。『本間光丘』(ダイヤモンド社)、『明治維新とは何だったのか』(日本時事評論社)、『江戸期不況を乗り切った六大商人の知恵』(日本文芸社)、『早わかり日本史』(三笠書房)など著書多数。弊社「面白いほどよくわかる」シリーズ『古代日本史』『日本史』『戦国史』『世界史』はロングセラー。古代山岳祭祀遺跡の研究者としても名を知られている。
著者コメント
戦国史は面白い。なぜなら、面白い人物が入れ代わり、立ち代わり登場し、それぞれに皆、個性的な役割を果たして華々しく散っていくからだ。はっきりした自己主張、メリハリの利いた生き方。戦国時代ーー狂うが如く、自由闊達に燃え上がった人間のエネルギー、常識では測り難い破壊力となり、同時に創造力となって爆発した。どういう軌跡を描いて沈静化したのか。悲喜こもごも、壮大な叙事詩、人間ドラマを思う存分に楽 しんでいただきたい。

NEWS & TOPICS

一覧

CALENDAR