理論と実践 スポーツ栄養学

理論と実践 スポーツ栄養学

著者 鈴木志保子
ジャンル 書籍 > 健康・医学 > 食事と栄養
出版年月日 2018/07/14
ISBN 9784537215823
判型・ページ数 B5変・224ページ
定価 本体2,000円+税
スポーツの現場で使いたくなる知識がいっぱい!

スポーツ栄養マネジメントの第一人者・鈴木志保子、渾身の一冊!!
イラスト、表、図解を数多く用いて、様々な事例・知識を徹底解説。実践に繋げるための理論がしっかりと分かる!!
一流を目指すアスリート、指導者、スタッフ、家族、必携の著!!

第1章 アスリートの栄養摂取
第2章 エネルギーの補給と消費
第3章 アスリートの食事・サプリメント
第4章 試合期・遠征期の栄養管理・食生活
第5章 目的別の栄養管理
第6章 コンディショニング
第7章 熱中症の予防と水分補給
第8章 栄養素・エネルギー・消化吸収の基礎

大きな判型の決定版!!
質の高いスポーツ栄養が身に付き、競技力向上が実現できる!!
担当者コメント
アスリートの競技力向上を実現させるために、欠かせない「スポーツ栄養」の知識。その第一人者、鈴木志保子が知識と経験の全てを詰め込んだのが本書。
全8章。その章、全てに著者の意図があり、読み進めるうちに、自然としっかりとスポーツ栄養の知識が身につきます!!
「理論を実践につなげる」を念頭に書かれているため、徹頭徹尾、スポーツの現場で役に立つ、今すぐ使いたくなる知識が満載!!
「スポーツ栄養」を愛する著者から、全てのアスリート、指導者、スタッフ、家族に贈る魂の一冊です!!
東京都出身。公立大学法人神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科教授。
管理栄養士。公認スポーツ栄養士。博士(医学)。
実践女子大学卒業後、同大学院修了。
東海大学大学院医学研究科を修了し、博士(医学)を取得。
2000年より国立鹿屋大学体育学部助教授、2003年より神奈川県立保健福祉大学栄養学科准教授を経て、2009年4月より現職。
(公社)日本栄養士会理事、(一社)日本スポーツ栄養協会理事長、NPO法人日本スポーツ栄養学会前会長<br>日本パラリンピック委員会女性スポーツ委員会委員、東京2020組織委員会飲食戦略検討委員。
マツダ株式会社陸上競技部、日立ソフトボール部、(一社)日本身体障がい者水泳連盟、(一社)日本車いすバスケットボール連盟(男子代表チーム)、車いすバスケットボールチームNO EXCUSEなど、数多くのトップアスリートの栄養サポートに従事。
『基礎から学ぶ! スポーツ栄養学』(ベースボール・マガジン社)、『健康づくりと競技力向上のための スポーツ栄養マネジメント』(日本医療企画)など著書多数。

NEWS & TOPICS

一覧

CALENDAR