いちばんていねいな、基本のデッサン
近刊

2018/02/09 発売予定

いちばんていねいな、基本のデッサン

オールカラーでわかりやすい

著者 小椋 芳子
ジャンル 書籍 > 娯楽・趣味 > 絵画・イラスト
出版年月日 2018/02/09
ISBN 9784537215410
判型・ページ数 B5・128ページ
定価 本体1,800円+税

白と黒の世界だからこそ、オールカラーで!
デッサンはオールカラーで見えている世界を白と黒に落とし込むもの。たとえば花束の、花々の色、花びら・葉・リボンなどの質感の違い、明るいところと陰の部分、すべて鉛筆だけで表現するのです。だからこそ、この本はあえてのオールカラー! どうやって色を、やわらかさとかたさを、明暗を、鉛筆だけで描き分けるのか、ポイント解説を加えた丁寧なカラー解説でしっかりつかみとることができます。

絶対に必要なテクニックをギュッと凝縮
本書は難しく思われがちなテクニックを基本の5つに分類。これをマスターすれば、どんなモチーフにもトライできます。また、石膏像など専門的な素材はそもそも手に入れづらいもの。手本と同じものが入手できるモチーフを厳選し、誰でも、いつでもデッサンが学べるようになっています。

イラストだから難しい内容もわかりやすい
デッサンのレベルアップには専門技術・知識も必要。つい敬遠してしまいがちなこれらを、イラストレーションで楽しく、わかりやすく解説します。写真や言葉だけでは伝わりにくいポイントや複雑な内容も、ぐっと読みやすくなっています。専門用語も可能な限り使わず、身近な言葉を用いました。

楽しく読んでスキルアップ
似顔絵と人物デッサンの違い、デッサンの「くずれ」に気づく方法、デッサンに絶対必要な技術「パース」……専門的でとっつきにくいテーマを、イラストと優しい言葉を使って楽しく理解できるページがたくさん。クロッキーなど、デッサン力を高める提案も豊富に紹介します。

武蔵野美術大学油絵科卒業後、コナミやセガなど大手ゲーム会社でゲームキャラクターデザイナーとして勤める。2005年よりフランスアトリエ「Académie de la Grande Chaumière」で学ぶ。制作をしつつフリーイラストレーターとして仕事を開始。日本へ帰国後、専門学校でデッサン・キャラクター講師、ゲームイラスト会社でアートディレクターとして勤め、2015年よりニュージーランドに拠点を移す。現在デッサンの添削講師などをしながら、アーティストとして活躍中。銀座、パリ、ニューヨーク、ニュージーランドなどでグループ展や個展を多数開催。「リキテックスビエンナーレ」特別賞、横浜アートコンペティション入賞、昭和シェル現代美術賞展入賞など受賞多数。

NEWS & TOPICS

一覧

CALENDAR